トピックスTopics

  • ホーム
  • トピックス
  • 北日本精機は省エネ法の事業者クラス分け評価制度で4年連続「Sクラス」となりました

北日本精機は省エネ法の事業者クラス分け評価制度で4年連続「Sクラス」となりました

お知らせ

2020.03.26

 このほど、資源エネルギー庁より、省エネ法の事業者クラス分け評価制度にもとづくSクラス事業者が公表され、北日本精機は4年連続で「Sクラス事業者(省エネルギーが優良な事業者)」となりました。

 事業者クラス分け評価制度は、2020年度提出の定期報告書評価の結果として、以下2つの項目のいずれかを満たす事業者が省エネ優良事業者(Sクラス)とされるものです。

・定期報告書特定ー第4表の記載に基づき、エネルギーの使用に係る原単位(エネルギー消費原単位)または電気需要平準化原単位の5年度間平均原単位変化が1%以上の低減であること。

・定期報告書特定ー第6表の記載に基づき、ベンチマーク指標が目指すべき水準を達成していること。

https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/enterprise/overview/institution/index.html

(経済産業省資源エネルギー庁のサイトにリンクしています)

 

 北日本精機は、製品の開発・設計・製造・技術および生産活動にかかわる環境影響を常に認識し、気候変動の緩和および持続可能な資源の利用のため、引き続きエネルギーの効率的使用に努めてまいります。

 

 

以 上